Anyflow
  • 会社概要
  • ニュース
  • 採用情報
  • お問い合わせ
お知らせ

Anyflowが約2.2億円のプレシリーズAの資金調達を実施。累計調達額は約2.6億円へ

2020年01月08日

プログラミング不要でSaaSとSaaSを簡単に繋ぐことができる、クラウドネイティブiPaaS(integration Platform as a Service)を提供するAnyflow株式会社(本社: 東京都目黒区、代表取締役CEO 坂本 蓮)は、プレシリーズAラウンドとしてグローバル・ブレイン株式会社と株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズをリード投資家とする約2.2億円の資金調達を実施したことをご報告いたします。

今回の調達を経て累計調達額は2.6億円となりました。

anyflow 151906 44950 web

  • 本ラウンドにおける投資家(※順不同)

グローバル・ブレイン株式会社

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ

Coral Capital

  • 調達の目的と今後の展望

複数のアプリケーションを連携するiPaaSはグローバル市場では飛躍的に成長しており、SaaSの浸透が進む国内市場においても今後ますます注目が集まる領域となっています。Anyflowは、SaaS同士をAPI接続することで、プログラミング不要・簡単な操作で複数のSaaS繋ぎ合せ、定型業務・ワークフローの自動化を実現します。2019年10月のβリリース以降、様々なお客様より問い合わせを頂いております。IVS Kobeファイナリスト、Incubate Camp 12th の総合優勝、B Dash Camp 2019 Fallの優勝など様々な大会で実績を残す事ができました。この勢いをさらに加速させるべく、プロダクトの開発強化とスピードアップに投資する予定です。将来的には、国内・海外SaaSを統合・管理するプラットフォームの役割を担っていく計画です。